木が植わって

2018年06月30日 18:04


家の外構ができてきました。
窓の外にアオダモの木。

window.jpg


ガラス越しに緑が見える喜び。

今月の自宅レッスンの時には、みなさんをお迎えしてくれると思います。
いつものゴーヤのカーテンは、今年は無いのです。
アトリエから緑が見えるよう、鉢を置こうか。




<刺繍教室 レッスンのご案内>

つれび工房では、北欧刺繍とデンマーク刺繍の箱づくり・エスカのレッスンを開催しています。
北欧の刺繍をベースに、つれび工房オリジナルの教材をご用意しています。何月からでも始めていただけます。
詳細はこちら↓
レッスンのご案内

参加ご希望の方は、下記のメールフォームにご記入の上、送信いただくか
http://form1.fc2.com/form/?id=737051
または次のメールアドレスまでメールにてご連絡ください。
turebitws-13@yahoo.co.jp

ご参加、お待ちしています!

つれび工房のtwitterアカウント↓
つれび工房のtwitter
つれび工房のインスタグラム↓
つれび工房のInstagram


新刊のお知らせ
「懐かしさに心和む! ワンポイントの和柄刺しゅう350」
(アップルミンツ/発行 朝日新聞出版/販売)
(Amazonのサイトに飛びます↓)



わたしも4ページの図案と製作を担当しました。
今回の本は、「和」がテーマ。
日本古来からの行事や季節のモチーフ、和の食べ物、玩具、花、日用品まで、
日本の良さ、美しさを感じるいろいろな図案が掲載されています。



「カンタン! かわいい イギリス・ロンドンの刺しゅう500」
(アップルミンツ/発行 朝日新聞出版/販売)
(Amazonのサイトに飛びます↓)



ロンドンの地図と、ロンドンの人の暮らし、というテーマで4ページつくりました。
ビッグベン、ロンドンブリッジ、大英博物館のミイラから、
タクシーや地下鉄、パブやビール、インテリアなどの図案を載せていただいています。



ブログ村ランキングに参加しています。
下の「刺繍」バナーをぽちっと1クリック、応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ルドン―秘密の花園

2018年05月08日 16:46


ゴールデンウィークに、丸の内までルドン展を見に行きました。

「ルドン―秘密の花園」展
三菱一号館美術館
2018年2月8日(木)~5月20日(日)

ルドン展


オディロン・ルドンの絵は前にも見たことがあるのですが、
そのときは黒一色の細い線で描かれた版画が主で、モチーフも一つ目の生き物など不思議なもの。
それが今回は、黒の世界と対照的な、淡く豊かで美しいパステル画も同時に見られる構成になっています。

同じ人の絵とは思えないなと思っていたのですが、
展覧会を通して見ると、繊細さとか柔らかな感じなどは一貫しているように感じました。

一番の見どころは、ドムシー男爵の食堂に飾られた16点の壁画です。
淡い黄色と水色を主にした壁画の真ん中に、花瓶に活けられた花束の絵が。
「グラン・ブーケ」と呼ばれるその花の絵は、大きく、やわらかで、花がこぼれるような、器の青が鮮やかで、とってもきれいでした。

美術館のホームページはこちら↓です。
http://mimt.jp/redon/midokoro_04.html

きれいだったなぁ。
あんな色の移ろい、刺繍でやってみるかな。時間かかりそうだな。。。


北欧刺繍と、デンマークの箱づくりエスカ。
つれび工房のレッスンについてはこちら↓
刺繍教室 レッスンのご案内

つれび工房のtwitterアカウント↓
つれび工房のtwitter
つれび工房のインスタグラム↓
つれび工房のInstagram

新刊
「カンタン! かわいい イギリス・ロンドンの刺しゅう500」
(アップルミンツ/発行 朝日新聞出版/販売)
(Amazonのサイトに飛びます↓)



ロンドンの地図と、ロンドンの人の暮らし、というテーマで4ページつくりました。
ビッグベン、ロンドンブリッジ、大英博物館のミイラから、
タクシーや地下鉄、パブやビール、インテリアなどの図案を載せていただいています。



ブログ村ランキングに参加しています。
下の「刺繍」バナーをぽちっと1クリック、応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

ひきこもって製作中

2018年04月02日 19:34


先週より、引きこもっての製作期間に入りました。
週末に夫と映画に出掛けるのが楽しみなくらいで、友達とのランチの予定もなし。
少しの間、ひたすら作業です。

設計途中のエスカもあるし、
仕立てた刺繍もあるし、
読んでいる資料の成果をご紹介もしたいけれど、
まずはひたすらに、いま取り組んでいる刺繍を仕上げます。

道端のスミレ。
白いスミレ。
いやされる。

シロバナスミレ






北欧刺繍と、デンマークの箱づくりエスカ。
つれび工房のレッスンについてはこちら↓
刺繍教室 レッスンのご案内

つれび工房のtwitterアカウント↓
つれび工房のtwitter
つれび工房のインスタグラム↓
つれび工房のInstagram

新刊
「カンタン! かわいい イギリス・ロンドンの刺しゅう500」
(アップルミンツ/発行 朝日新聞出版/販売)
(Amazonのサイトに飛びます↓)



ロンドンの地図と、ロンドンの人の暮らし、というテーマで4ページつくりました。
ビッグベン、ロンドンブリッジ、大英博物館のミイラから、
タクシーや地下鉄、パブやビール、インテリアなどの図案を載せていただいています。



ブログ村ランキングに参加しています。
下の「刺繍」バナーをぽちっと1クリック、応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

モード・ルイスの映画と うちのアトリエ

2018年03月22日 10:35


映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」を観てきました。

カナダの田舎で暮らすモードは、誰に習ったのでもなく幼いころから絵を描いていました。
リウマチのため不自由なこともある彼女は家族からやっかいもの扱いされますが、
やがて漁師のエヴェレットと出会い、小さな家でともに暮らし始めます。
彼女の大らかでユーモラスな絵がフォークアートとして世間で評判になったのちも、
夫と暮らすつつましい生活を大事に、窓から見える命を描き続けた、そんなお話です。
(モードの絵↓ アマゾンのサイトにリンクしています)




カナダの自然の風景がとてもきれいです。
キッチンで燃える薪ストーブの暖かさ、窓辺で絵を描くモード、いつの間にか家事を手伝うようになった夫。
絵を描く人や、手芸をする人は共感する点が多いのではないかと思います。


うちのアトリエにも花を生けました。
刺繍のレッスンに来て下さる方が分けてくださったミモザの黄色が春らしい。

atlier.jpg


北欧刺繍と、デンマークの箱づくりエスカ。
つれび工房のレッスンについてはこちら↓
刺繍教室 レッスンのご案内

つれび工房のtwitterアカウント↓
つれび工房のtwitter
つれび工房のインスタグラム↓
つれび工房のInstagram

新刊
「カンタン! かわいい イギリス・ロンドンの刺しゅう500」
(アップルミンツ/発行 朝日新聞出版/販売)
(Amazonのサイトに飛びます↓)



ロンドンの地図と、ロンドンの人の暮らし、というテーマで4ページつくりました。
ビッグベン、ロンドンブリッジ、大英博物館のミイラから、
タクシーや地下鉄、パブやビール、インテリアなどの図案を載せていただいています。



ブログ村ランキングに参加しています。
下の「刺繍」バナーをぽちっと1クリック、応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

三月大歌舞伎

2018年03月14日 13:08


三月大歌舞伎を見にいってきました。
今回は夜の部で、玉三郎と仁左衛門という輝かしい組み合わせによる
「於染久松色読販」(おそめひさまつうきなのよみうり)と、
「神田祭」(かんだまつり)。
そしてもう一つは、玉三郎演出による「滝の白糸」でした。

玉三郎さんと仁左衛門さんの美しいこと。
立っても座っても歩いても、たんか切っても籠かいても。
玉三郎ってどこからどう見ても女性なんだけれど、姉ご肌ぽいというか男らしい気質を持った女性のような感じ。

新聞の好評で玉三郎演じる芸者のことを、「競い肌(きおいはだ)」と表現していて、
ああ、そういう言葉があるんだと思って納得しました。

滝の白糸の壱太郎さんも良かったです。
上手なのねぇ、テレビで拝見する姿とはがらりと違って、
かわいらしい時と貢ぐ姿の変化が引きこまれる女形でした。




北欧刺繍とデンマークの箱づくりエスカ、バンド織もお教えしています。
つれび工房のレッスンは、自宅教室と、カルチャーセンターの講座があります。
ご都合のよい方で、どうぞご参加ください。
詳細についてはこちら↓
刺繍教室 レッスンのご案内
府中のカルチャーセンターのご案内はこちら↓
北欧の手しごと 講座のご案内


つれび工房のtwitterアカウント↓
つれび工房のtwitter
つれび工房のインスタグラム↓
つれび工房のInstagram
もあります。

ブログ村ランキングに参加しています。
下の「刺繍」バナーをぽちっと1クリック、応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



最近の記事