茨木さんの家

2011年03月18日 23:12

詩人、茨木のり子さんの家の写真を収めた
「茨木のり子の家」を読みました。

写真が多いので、見ました、と言う方が近いかもしれませんが、
中に茨木さんの詩が散りばめられています。



夫妻が暮らした保谷の家は2階建てで、
器はどれも長く使い込まれ、
リビングには「倚りかからず」の椅子、
壁にかけられた小さな鳥の飾り。

窓から見える金木犀、
相変わらずの黒電話、
青く透ける型ガラス、
二人で共有した書斎。


そして、
夫のイニシャルである「Y」と書かれた箱には、
没後見つかった親愛なる夫への40編の詩。
その手書きの原稿。



詩「みずうみ」には、
すれちがったお下げとお河童の女の子たちの、

「だいたいお母さんてものはさ、
 しいん
 としたとこがなくちゃいけないんだ」

という言葉に共感し、

人間は心の底にしいんと静かな湖を持つべきで、
そんな深く青い湖から発する霧が
人間の魅力となるのだとよんでいます。




茨木さんは韓国語を愛した人でもあり、
書棚には、小学館の「朝鮮語辞典」が。
あ、私も同じ辞書を使っている、と
なんだかうれしくなりました。



スポンサーサイト


コメント

  1. http://tamoxifenonline.club/#8875 tamoxifen,

  2. retin-a | URL | -

    http://buyretina911.gdn/#5531 homepage,

  3. http://buypropranolol0.gdn/#2076 propranolol,

  4. http://synthroid2011.top/#6909 synthroid 200 mcg,

    http://synthroid2011.top/#6909 synthroid 200 mcg,

  5. eurax | URL | -

    http://buyeurax1.top/#8063 generic eurax,

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turebit.blog61.fc2.com/tb.php/329-a2d01e53
この記事へのトラックバック


最近の記事