アンティークなバンド織

2011年06月28日 11:57


北欧のアンティークを扱っているお店のフェアで
アンティークなバンド織に出会いました。


バンド

なんと数百円というお安さだったので
3種類も買っちゃった。

真ん中がウール、両脇が綿の糸で織られています。
右なんか本当に模様が細かい、
織り上げるのにどれだけ時間がかかったか。



織バンドはスウェーデンで
民族衣装のスカートや帽子、靴、バッグを飾るもの。
フェアではバンドのついたエプロンもあって、
手織りの縞の生地を裁ってエプロンにし、
同じ色彩で織ったバンドで締めるようになっていました。

写真中央のバンドもそうやって使われたんでしょうね、
脇に裂けているところがあるのは、
たくさん使ったあとに布から外したからでしょうか。



かわいいなぁ、
私も自分で織ったバンドでエプロンつくりたい、
と考えています。


スポンサーサイト


コメント

  1. Yasu’s-S | URL | SE9Hh8cI

    楽しみにしてます!

    夏を前にやっと色々片付いて、一息つくことが出来ました(今日)!
    つれびさん製作のエプロン、ハイ、欲しいです~!出来上がるのをみる前から手を上げちゃったりして。
    首を長くして楽しみにしてます。なんて!

  2. つれび | URL | -

    Re: 楽しみにしてます!

    Yasu’s-Sさん、こんにちは。
    この熱気と湿気にも負けずパワフルにご活躍ですね。

    エプロン、いつできあがるか、、、。
    バンドが付いていた伝統的なエプロンのような
    良い織り地はみつからないと思うので
    綿のプリント地で気軽に使えるものをと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turebit.blog61.fc2.com/tb.php/362-b6e5e2dc
この記事へのトラックバック


最近の記事